今回は、最初にサイトを作成する時に気にした方がいいことだけまとめました。
これからサイトを作る予定のある方、SEOが何かわからないけどざっくりした基本的な知識だけ欲しい!という人向けの記事となっております。

目次:
1.SEOって何だろう?
2.上位表示されるためにはどうしたらいい?
3.よく使われる用語
4.SEO対策は何をすればいい?
5.フォルダ階層作成にあたっての注意点
6.リンク階層を意識する
7.URLについて
8.URLの名前付けについて
9.まとめ

SEOって何だろう?

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の頭文字のこと。
主な目的は、Google等の検索エンジンでの検索結果の上の方に表示させることです。

検索して一番上に出たサイトはクリックされやすいので、検索結果の一番最初に表示が出ることが大きく利益に繋がります。それでSEO対策が重要視されるわけですね。
上位に表示されることで、サイトの知名度、信頼度のアップ、ブランド力を定着させるといった狙いもあります。

上位表示されるためにはどうしたらいい?

「ITエンジニア 資格」等で検索すると、一番上の結果にはURLの隣に太字で広告と書いてあるサイトが表示されていて、2つ目には広告と書かれていないサイトが出ました。
広告と書かれているサイトは「1.お金を払って一番上に表示してもらっているサイト」です。

広告という文字の表示がないサイトは「2.SEO対策で上位に表示されているサイト」です。
広告ではない結果のことを自然検索(オーガニック)と呼びます。
検索する人のほとんどは、広告の下の自然検索を重要視しているようです。
検索結果は、閲覧数の多さや更新頻度など様々な要因から評価されて順位が変動します。

1.Googleにリスティング広告を出す

メリット:すぐに検索結果に反映される
デメリット:お金がかかる(予算は設定できる)

2.SEO対策をする

メリット:お金がかからない、しっかりやるとずっと上位を狙える
デメリット:効果が出るまで時間がかかる。知識が必要

よく使われる用語

インデックス

索引、見出しを意味する「index」から。ページが検索エンジンのデータベースに分類・記録されている状態のことを、SEO用語で「インデックスされている」と言います。
インデックスされていると検索結果に載る可能性がありますが、インデックスされていないと検索結果に表示されません。

クローラー

「このウェブサイトにはこんな内容のページがある」というようなページの情報を見つけてくれるロボットのこと。
グーグルの検索結果にはこのクローラーが集めた情報をもとに、検索結果が表示されます。
情報を集めるためにウェブサイトを巡回することを、「クロール」と言います。

クローラビリティ

クローラーにとって親切なサイトかどうかのこと。
クローラーがサイトを上手に巡回できないと情報を集められないので、クローラビリティが低い=検索結果に表示されない、となってしまいます。

SEO対策は何をすればいい?

SEOで順位を上げるためには、クローラーに親切なサイトを心がけることが大事です。
今回はサイトを立ち上げる時に意識するべき重要な3点をピックアップします。

  • フォルダ階層
  • リンク階層
  • URLの設定

フォルダ階層作成にあたっての注意点

フォルダ名は長くしすぎない

(人にも検索ロボットにもわかりやすく、シンプルな英単語が○)

重要なページを下の階層に置かない

(クローラビリティの向上にも繋がるので、大事なページは階層の浅いところに)

空のフォルダなど、余分なフォルダがないようにする

(無駄なフォルダを作らない、URLが長くなる原因にもなるので、フォルダの深すぎる階層にはフォルダを作らない)

カテゴリーでまとめられそうなもの、ページ数が増えていくものはフォルダを作ると管理がしやすい

例:コラムのページを設置する場合、「column」という名前のフォルダを作成して、その中にページを増やしていく等
店舗ごとに個別ページがある会社の場合も、フォルダを作成してその中にお店ごとの店舗ページなどを入れると、店舗の新規開設や変更があった場合でも管理がしやすい。

・同じカテゴリーのページがいくつかある場合は、まとめられそうならフォルダに入れる。
・増えそうなカテゴリーのページは、フォルダを作成して管理する
というのを意識して更新しやすい、管理しやすいサイトを目指しましょう!

リンク階層を意識する

ページが存在していも、クリック回数を多く費やさないと到達できないページの場合、重要なページではないと判断され、インデックスされないことも。
インデックスされてほしい重要なページは、トップページから1クリックで行ける状態が望ましいです。
3クリック以内でページに到着できるを目安に作成

検索エンジンからそのページに来た人にとって、他のページもあるとわかる作りになっているかも意識しましょう(indexに戻るボタンや、商品ページなら他の商品ページにいけるリンクがあるか、そのページが何の企業のサイトかわかるかなど、そのページで情報の行き止まりにならないように

URLについて

  • URLの正規化をする
    (スマホとPCでURLが別の場合や、wwwやindex.htmlがあるかないかを統一する)
  • SSL化しているか
  • リダイレクトが必要な場合はリダイレクトさせる
  • URLの名前は短くわかりやすくなっているか

URLの名前付けについて

検索結果によるアンダーバーとハイフンの違い

kujira-onsuke “kujira”と”onsuke”二つのキーワードとして認識される
kujira_onsuke “kujira_onsuke”を一つのキーワードとして認識される

URLに「kujira-onsuke」とつけた場合、「kujira onsuke」でも「kujira-onsuke」でも検索対象になる。
逆に、「kujira_onsuke」とつけた場合、「kujira_onsuke」と検索しないと検索されない。

ハイフンを使った方が、「kujira onsuke ALJ」などキーワードを増やしたり、スペースを空けていても検索に引っかかる可能性があるので、SEOを意識するならとてもおすすめです。
_(アンダーバー)ではなく-(ハイフン)を使う

既存のページにアンダーバー使ってる!という場合は、無理にURLの変更はしないほうが良いでしょう。URLの変更をすると、今まで蓄積されたそのページに対してのSEO評価が無くなってしまうので、URLはそのままで新しくページを作る場合にハイフンを使うようにしましょう。

わかりやすい参考サイト:https://omoroya.com/blog-url/

URLの単語の数が多すぎる、URLが長すぎることでもSEOの評価が悪くなる
単語を繋げるのは多くても3〜5単語までを目安に
○「alj-onsuke」
×「alj-onsuke-kujira-shinjuku-sugoi-nagai-url」

まとめ

  • フォルダの階層を整理する(余分なフォルダを作らない、ページ数があるものはフォルダに入れる)
  • リンク階層を意識する(大事なページにはトップページからすぐに行けるように)
  • URLはなるべく短くわかりやすく、ハイフンを使う
この記事を書いた人
K・Y
htmlコーダー(html/css/js/php/seoとかを勉強中)
白くて毛の生えた生き物が好きです。