はじめに

近頃は、個人のショップのECサイトも多く見かけるようになりました。
しかし、個人でサーバーの構築をして、サーバーを管理して、、、となると時間もコストもかかってしまいます。
そこで今回は、サーバーの構築も管理も必要のないクラウドECである世界シェアNo.1の「Shopify」についてお話ししていきたいと思います。

Shopifyとは

Shopifyとは、誰でも簡単にECサイトを始められる、クラウド基盤のマルチチャネルコマースプラットフォームです。
2004年にカナダで設立されて以来、世界中でシェアを広げて現在では約175ヵ国100万以上の企業で導入されていています。
クレジット決済ができるのはもちろんのこと、最近ではPayPayに対応するなど購入者側も使いやすくなってきています。

Shopifyの特徴

手軽に始められる

Shopify は従来のプラットフォームと違い、クラウド上でサービスが提供されているので、サーバやパッケージの導入をせずに始められます。
また、サーバーの購入が必要なく、月額29ドルからECサイトを始められ、低コストでECサイトの開設・運用することがができます。

ECサイトの構築・運営が簡単

Shopifyでは100種類以上のテンプレートがありその中から自分のイメージに合ったサイトを作成することが出来ます。
ドラック&ドロップで画像のアップロードなどもできるので、始めての方でも簡単にサイトの構築が簡単です。

多言語・多通貨に対応

サイトの管理画面が日本語翻訳されており、サイトの構築や管理が非常に簡単に行えます。
FedEx、UPS、DHLといった世界三大配送会社と提携もしていて海外への発送が簡単で、多通貨に対応しているので難しいいことは考えず海外への販売が出来ます。

EC-CUBEと比較して

「EC-CUBE」とは現在、日本でのシェアが1位のソフトウェアです。
全世界でも3万店舗以上で導入されていて、800以上のテンプレートからECサイトの作成ができます。
そんな「EC-CUBE」と「Shopify」の最も大きな違いは「サーバー管理」と「定期的なアップデート」です。
クラウド上でサービスを提供している「Shopify」は管理と「EC-CUBE」は自身でサーバーを用意し、さらに自身でソフトウェアのアップデートを行う必要があります。

Shopifyのデメリット

日本語での情報が少ない

管理者画面は日本語化しているものの、まだまだ日本語での情報も少ないです。簡単なサイト作成だけでカスタマイズをする予定のない人や、英語での運営できるのであれば全く問題なく使えるかと思います。

おわりに

今回は、世界最大シェアの「Shopify」についてお話ししました。
まだ日本では少しマイナーですがこれからシェアを伸ばしていくと思います。
次回からは、実際に「Shopify」を使用してECサイトの作成を行っていきたいと思います。

執筆者:R・H

はじめまして!新人のR・Hです!
HP作成やECサイトの作成を業務で行っています。
ある日、ECサイトの作成に便利な「Shopify」というものがあると聞き、Aljでも取り入れていこう!ということになりました。
日々の勉強の備忘録も兼ねてこれからブログにITのあれこれを書いていきます!
スキル:HTML / CSS / Java / Liquid / Shopify