11月のとある土曜日に、高田馬場でミャンマー料理を食べてきました。

新宿から2駅の高田馬場にはエスニック料理屋さんがたくさんあると有名な場所ですが、ラーメンとエスニック料理が好物な私は、ずっと行きたいと思っていた場所です。

ミャンマー料理は、5月に増上寺で行われた“ミャンマー祭り”
で一度食べたことがありますが、ちゃんとレストランで食べるのは初めて。

高田馬場 早稲田口から徒歩1分、タックイレブンビルの1Fにある”Nong Inlay”さん(google評価 星4.1!)に訪問しました。
CMやテレビでも多々取り上げられたことがある有名なお店です。

店内のお客さんは日本人、ミャンマー人半々くらいで気さくな店員さんが接客してくれる定食屋のような雰囲気のお店でした。

たくさんのメニューの中から、
麺料理のシャンカウスェ:あっさりした鶏がらスープの米麺↓
シャンカウスェ
モヒンガー:ナマズのスープとそうめんのように細い米麺↓
モンヒンガー
DAGONビール:アルコール8%なのにさっぱりして飲みやすいビール↓
DAGONビール
揚げパンとミルクティーのセット↓
揚げパンとミルクティー
を注文。香辛料が控えめで、クセがなく、すごく食べやすかったです。
メニューが多くて、またいろいろ食べに行きたくなるお店でした。

食後は、同じビルの8F、7Fにミャンマーの食材を販売しているお店に寄って、ミルクティーなどなど食材を買って帰りました。
高田馬場に行った際は、駅から1分のタックイレブンビルに寄りましょう!
タックイレブン

ライター:Y・I