2月9〜11日にミャンマー社員旅行が行われました。

今年の旅行先はMyeik(ベイ)。
Yangonから飛行機で1時間でした。
Myeikはミャンマーの中でも南、アンダマン海に面した、タイの国境も近い800近くの島を持つ港町です。

有名ないくつかの島まで小型船で行き、綺麗なビーチで海水浴やシュノーケリングをしたり、年のほとんどを海上で生活する民族の村、マングローブ林や滝を見に行きました。

シュノーケリング後のへとへとのタイミングでの滝登り。
裸足で登らなくてはならず、岩はトゲトゲで足が痛いし、足場も悪く、下手したらケガでは済まないような危険な場所でした。
中腹あたりで何故か石鹸等で体を洗い始める集団が現れ、足場が苔と合わさりヌルヌルでした。
遠くから眺めた滝も綺麗でしたが、登るスリルも味わえました。

ご飯は、港町というだけあり、海鮮が豊富でした。海鮮BBQや、ミャンマー風イカ飯、半生の牡蠣にも挑戦してみました。
Myeikの名物として、カジッカイという海鮮焼きそばも朝ごはんに食べました。

港町らしい雰囲気と大自然を楽んだ社員旅行でした。